電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

交通事故問題を
鹿児島の弁護士に相談

  • 交通事故解決実績14,888
  • 2012年2月~2022年12月末現在

あなたは今、どのような状況ですか

弁護士に相談するメリット

交通事故相談を弁護士に依頼するメリット

お早めにご相談ください

交渉から裁判まで弁護士にすべてを任せられる!

交通事故に遭うと、ケガの治療のために入院したり長期間にわたって警察の事情聴取を受けたりすることで、ふだんの生活が一変してしまうことも少なくありません。
事故に当たって、被害者にとってとりわけ負担になるのは、加害者側の保険会社との示談交渉です。
事故によって負ったケガの治療にも専念しなければならない中で示談交渉をすすめることは、被害者にとって多大な負担となります。
さらに、加害者側の保険会社が提示する示談金は、被害者が受けた損害に見合わない金額であることが大半です。
保険会社との交渉に不安を感じられる場合は、弁護士に交渉を委任することをおすすめします。
弁護士は法律の専門家であるだけでなく示談交渉にも長けており、交通事故の被害者が受け取るべき適切な金額の損害賠償を請求することができます。
また、弁護士に委任することで、被害者は保険会社との交渉に煩わされることがなくなります。
保険会社との示談交渉を控えていて、不安に思われている被害者の方は、ぜひ、弁護士への相談をご検討ください。

交通事故慰謝料の増額

慰謝料の増額

交通事故の賠償金のなかでも、「慰謝料」は交渉の展開によって金額に大きな差が生じる可能性のある項目です。
慰謝料とは、交通事故による精神的苦痛を金銭に換算して算定されるものです。
治療費や休業損害のように計算して求められるものではないため、相場を参照しながら、具体的な金額が求められます。
ただし、慰謝料の相場には、三種類の基準が存在します。保険会社が用いる「自賠責保険基準」と「任意保険基準」、そして、裁判例の蓄積により形成された「裁判所基準」です。
金額的に高い順に並べると、「裁判所基準」「任意保険基準」「自賠責保険基準」となり、「裁判所基準」と「自賠責保険基準」とでは二倍以上の差があることも珍しくありません。
保険会社が交渉で提示するのは「任意保険基準」や「自賠責保険基準」により算定した慰謝料ですが、示談交渉を弁護士に依頼すれば「裁判所基準」の金額で慰謝料を請求することができます。
交渉がまとまらず、裁判になった場合にも「裁判所基準」の金額が認容されるため、妥協する必要はありません。
適正な賠償金を受け取るためにも、ぜひ、示談交渉は弁護士にお任せください。

後遺障害認定手続きのサポート

お早めにご相談ください

交通事故の衝撃によるケガは、最善の治療を続けても完治せず、症状が残りつづける場合があります。このような症状を「後遺障害」といいます。
後遺障害がある場合、損害賠償として、「逸失利益」と「後遺障害慰謝料」を請求できる可能性があります。ただし、これらの損害賠償を請求するためには、「後遺障害等級」が認定される必要があるのです。
後遺障害の等級には1級から14級まで14段階あり、等級によって補償される金額が大きく異なってきます。
後遺障害等級の認定を申請する方法には、加害者側の保険会社が代行する「事前認定」と、被害者側が申請する「被害者請求」の二種類が存在します。
保険会社に事前認定してもらう事前認定のほうが簡便に思えるかもしれませんが、損害賠償を支払う立場である保険会社に申請を任せてしまうことで、適切な後遺障害等級が認定されなくなるおそれがあります。
したがって、後遺障害等級の認定を申請する際には、「被害者請求」を行うことをおすすめします。
後遺障害等級認定の経験が豊富な弁護士であれば、適正な後遺障害等級が認定される可能性を高めるため、被害者請求をサポートすることができます。

鹿児島で交通事故に遭われた方へ

交通事故に遭われた方には衷心よりお見舞い申し上げます。
鹿児島市やその近郊にお住まいの方で、交通事故の加害者や保険会社との交渉でお困りの場合は、ベリーベスト法律事務所 鹿児島オフィスがお力になります。お気軽にご相談ください。

鹿児島県では多数の交通事故が発生しています。
車社会の鹿児島では、自動車は生活の足として不可欠であるだけに、交通事故やその後の事故処理とも無縁ではいられません。
交通事故に遭われた方からは、「やらなければならないことが多くて大変だった」というお声を耳にします。
被害者の方にとって最も負担になるのが、保険会社との示談交渉です。
事故の治療に専念しなければならない中、保険会社と交渉しながら煩雑な手続きをすすめることは、被害者にとって多大なストレスとなります。
しかも、個人の方が保険会社と交渉をしても、適正な賠償がなされることは限りません。
保険会社の担当者は示談交渉のプロであるため、一般人である被害者が交渉をしても、被害者が実際に負った損害に見合わない賠償金しか支払われないことが多いのです。
また、交通事故の賠償金のなかには、三年の経過により短期消滅時効で権利が消滅するものがあるため、この点でも注意が必要です。

交通事故の被害に遭われて、示談交渉に不安を抱かれている方は、ベリーベスト法律事務所 鹿児島オフィスへご相談ください。
ベリーベストグループでは全国各地のオフィスで交通事故の賠償金請求のご依頼を承っており、実績やノウハウを蓄積し、各オフィスで共有しています。
鹿児島オフィスにおいても、グループ内の「事故専門チーム」と連携した最高水準のサポートを提供いたします。

弁護士に委任して慰謝料の交渉が難航すると、「いつまでたっても補償がされないのではないか」と不安に感じられるかもしれません。
しかし、賠償の話し合いがまとまらない段階でも、生活費や治療費として資金が必要な場合は、裁判所の民事保全手続きにより賠償金の一部を仮払いしてもらえる可能性があります。
交通事故に遭われたお客さまが治療やリハビリに専念できるよう、保険会社との交渉だけではなく、後遺障害等級認定手続きや訴訟手続きもすべて専門チームがサポートいたしますので、ご安心ください。

当事務所では、交通事故に関する初回の法律相談は無料で承っております。
また、ご加入の保険に弁護士特約がある場合、弁護士費用の補償が受けられる可能性があります。ご加入の保険契約をご確認いただくか、当事務所をお問い合わせの際に合わせてお申しつけください。
交通事故による精神的、肉体的な苦しみは、長く残りつづけることもあります。
適正な賠償を受けることで少しでも苦しみが和らぎ、もとの平穏な生活に戻られるよう弁護士がサポートいたします。
お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

鹿児島オフィスの主なご相談エリア

鹿児島市、鹿屋市、枕崎市、阿久根市、出水市、指宿市、西之表市、垂水市、薩摩川内市、日置市、曽於市、霧島市、いちき串木野市、南さつま市、志布志市、奄美市、南九州市、伊佐市、姶良市、三島村、十島村、さつま町、長島町、湧水町、大崎町、東串良町、錦江町、南大隅町、肝付町、中種子町、南種子町、屋久島町、大和村、宇検村、瀬戸内町、龍郷町、喜界町、徳之島町、天城町、伊仙町、和泊町、知名町、与論町
※離島等の遠方である場合は、即時の対応が難しい場合があります。詳しくはお問い合わせください。

ページ
トップへ