電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

刑事弁護・少年事件を
鹿児島の弁護士に相談

元検事の弁護士が率いる刑事弁護専門チームが徹底サポート!

元検事 弁護士 若佐一朗

刑事事件では検察官による起訴、不起訴が大きな別れ目となります。
検察官は、刑事裁判に至る刑事手続きの中で、次のような判断を行います。

・逮捕された被疑者の身柄拘束を続けるため勾留請求するか、釈放するか
・勾留期間の延長を請求するか、釈放するか
・被疑者を処罰するため起訴するか、不起訴処分とするか

日本では起訴されて刑事裁判になると、99%が有罪となるのが実情です。これは、検察官が処罰の必要性が高く、有罪判決が見込まれると判断した事件のみを起訴していることの裏返しともいえます。
このように、検察官は被疑者とされた方の人生を左右するような判断を行うのです。

刑事事件で捜査対象となったり、逮捕されたりした場合は、一刻も早く弁護士を選任し、起訴されないように活動することが重要です。
ベリーベスト法律事務所には元検事の弁護士が在籍しており、刑事弁護専門チームを率いています。元検事の弁護士は、実際に起訴や不起訴を判断していたため、不起訴となるためのポイントを熟知しています。そのノウハウはここ鹿児島オフィスにも共有されています。検察の手の内を知り尽くしているからこそできる弁護活動がありますので、刑事事件でお困りの場合はぜひベリーベスト法律事務所 鹿児島オフィスまでご相談ください。

悩み別解決プラン

calculator

前科をつけたくない
不起訴にしたい

calculator

被害者と
示談をしたい

calculator

職場・学校に
知られたくない

calculator

不起訴・執行猶予に
して欲しい

calculator

釈放・保釈
して欲しい

calculator

無罪を
証明して欲しい

calculator

自首に
同行して欲しい

calculator

家族と
連絡をとりたい

犯罪別解決プラン

捜査段階の弁護活動で勝負が決まる! 弁護士がすぐに駆け付けます

捜査段階の弁護活動で勝負が決まる! 弁護士がすぐに駆け付けます

「弁護士を頼るのは裁判になってからでいい」
「本当はやっていないけど、取り調べで警察官にきちんと事情を説明すればわかってもらえる」

刑事事件において、このようなお考えはリスクと言えます。
逮捕された直後は、厳しい取り調べが行われることも珍しくありません。そのような状況で否認を貫き通すことは並大抵のことではありません。

逮捕されるとそれだけでほとんどの方は激しく動揺してしまいます。外部とも連絡がとれず不安だけが大きく膨らんでしまうことが通常です。
どのように取り調べを受ければよいか分からず、警察に促されるまま、やってもいないことを書かれた供述調書にサインをしてしまうこともあり得ます。しかし、ひとたびサインをしてしまうと、刑事裁判でこれを覆すことは非常に困難なのです。

そのような環境で頼りになるのは弁護士です。弁護士は、取り調べにどのように応対すれば良いのかといったアドバイスをしたり、取り調べでくじけそうな心を励ましたりします。また、被害者との示談を進めたり、検察官へ交渉をしたりすることで、早期の身柄開放や不起訴獲得のために活動します。
逮捕された場合には一刻も早く弁護士を選任し、適切なアドバイスとサポートを受けることが大切です。逮捕されお困りの場合はベリーベスト法律事務所 鹿児島オフィスまでご連絡ください。弁護士ができるだけ早く駆け付け、力になります。

鹿児島で刑事弁護・少年事件に詳しい弁護士をお探しの方へ

鹿児島市やその近郊で刑事事件の被疑者となってしまった方やそのご家族の方は、ベリーベスト法律事務所 鹿児島オフィスにご相談ください。

警察のお世話になるなど自分には関係ないと思われている方も多いと思います。
しかし、刑事事件は思っている以上に身近な事件です。
刑事事件は、計画的な犯罪ばかりではなく、ついカッとなって人を殴ってしまったり、交通事故により人を死傷させたりして起きることも少なくありません。

刑事事件で逮捕されるとどうなってしまうのでしょうか。
まず、逮捕から最大72時間は身体拘束を受け、弁護士以外との面会は一切できなくなります。大事な仕事に穴を開けてしまう、取引先への支払いがある、というような事情があったとしても外部とは連絡が取れず、どうすることもできません。
捜査が進み容疑が濃厚だと捜査機関に判断されると、さらに最大20日間勾留され、身柄拘束が続く可能性もあります。さらに、勾留が満期になっても、検察官に起訴された場合には勾留されたまま刑事裁判を受けることになる可能性もあります。そうなってしまうと、短くても2か月は裁判のための勾留が続きます。
また、判決が懲役刑や禁錮刑の実刑になった場合は、そのまま刑務所に収容されることになってしまいます。

しかし、早期に適切な弁護活動を行うことで、逮捕や勾留を避けたり、不起訴処分により前科がつくことを避けたりできる可能性が生じてきます。
警察や検察官は、「この事件は懲役刑の実刑が相当なのか」あるいは「被害者はどれだけの処罰感情があるのか」など、さまざまな要素を考えながら捜査を行っています。
そうした中で被害者と示談交渉が成立したり、加害者本人が更正する態勢を整えたりできるなどの条件がそろえば、早期釈放や不起訴の獲得につながることも出てくるのです。

ベリーベスト法律事務所では、元検事の弁護士が率いる刑事弁護専門チームを中心に、あらゆる事件に対するノウハウを有し、全国の弁護士に共有する体制を整えております。
事件を起こしてしまい逮捕される可能性がある方、身内が逮捕されてしまい今後どうなるのか不安に感じられているご家族の方は、まずはベリーベスト法律事務所 鹿児島オフィスまでご相談ください。弁護士が事情を伺いつつ、最適な弁護活動に向けて、力を尽くします。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

鹿児島オフィスの主なご相談エリア

鹿児島市、鹿屋市、枕崎市、阿久根市、出水市、指宿市、西之表市、垂水市、薩摩川内市、日置市、曽於市、霧島市、いちき串木野市、南さつま市、志布志市、奄美市、南九州市、伊佐市、姶良市、三島村、十島村、さつま町、長島町、湧水町、大崎町、東串良町、錦江町、南大隅町、肝付町、中種子町、南種子町、屋久島町、大和村、宇検村、瀬戸内町、龍郷町、喜界町、徳之島町、天城町、伊仙町、和泊町、知名町、与論町
※離島等の遠方である場合は、即時の対応が難しい場合があります。詳しくはお問い合わせください。

ページ
トップへ